当事務所の3つの強み

記録徹底

当事務所が他事務所に比べて圧倒的に力を入れているのは、記録です。

人の記憶とはあいまいなものですが、行政書士などの法律家も例外ではありません。 そのため、所員が行った全ての業務・作業を記憶が新しいうちに記録し、共有しております。

平成17年に開業してから十余年積み重ねた緻密な記録の中には、お客様の悩みを解決するのに役立つ先行事例が詰まっております。
 

 

明朗会計

当事務所は面談にて依頼内容が確定し次第、正式な依頼・契約前に見積書を発行いたします。

契約外の追加業務が発生しない限り、見積り以上の請求をすることはございません。当然ながら見積り内容を受けてお客様が依頼・契約を見送ることは全く問題ありません。

契約前に費用概算が判りますので、予想外の費用請求など心配する必要はございません。

なお、経費等についても明朗かつ精緻な明細を作成いたします。

 

柔軟対応

当事務所は営業時間外にも対応可能で、また道内外の出張、Skype等のテレビ電話での面談も可能です。

ご相談の際はご希望の場所まで伺いますので、当事務所にお越しいただく必要もございません。

他にもお客様のご都合に合わせて柔軟に対応いたしますので、まずは電話やメール等でご相談ください。

最新トピックス

遺言とセットで残そう”エンディングノート”

1.終活におけるエンディングノート エンディングノートは数年前から各メディアで取り上げられるようになり、市販のエンディングノートを置いている書店も多く、世間的な認知度も上がってきています。 しかし、当事務所に遺言や任意後 […]

差し迫ったときに作れる”危急時遺言”

1.危急時遺言とは 危急時遺言とは、病気やケガなどで死亡の危急がある(死期が迫っている)と遺言者(遺言を作る人)自身が自覚したときにのみ作成できる特別方式の遺言です。 遺言者が証人に遺言の趣旨を口頭で伝え、それを受けた証 […]

ホームページリニューアルのお知らせ

小川孝雄行政書士事務所のホームページへアクセスいただき誠にありがとうございます。 このたび、ホームページを全面リニューアルいたしました。 これまで以上に、分かりやすいサイトを目指し内容を充実して参ります。今後とも何卒よろ […]